国内配信サービス・機能

国内配信 サービス・機能

国内配信サービスの最大の強みは、メディアへの的確なプレスリリース配信機能。
さらに、インターネット上での情報拡散に対するニーズもしっかりカバー。ニュースサイト・クリッピングをはじめとする効果測定ツールなどの機能も、配信料金内でご利用いただけます。

基本サービス

メディア配信

国内メディア配信

登録メディア 2,250媒体・3,300カ所
平均配信先数 1,000カ所/回

配信先メディアの特徴

  • PRワイヤーから配信されるプレスリリースの受信申し込みをしていただいたメディアを、審査の上で登録しています。
  • 配信先メディアには全国紙、地方紙、業界紙などの新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、WEBメディア、番組製作会社、編集プロダクション、証券会社のアナリスト、フリージャーナリストが登録されています。

配信方法

  • プレスリリースを国内メディアにメール・FAXで配信します。
  • FAX受信を希望しているメディアにはFAXで配信します。追加料金はかかりません。
  • プレスリリースはプレーンテキストで配信します。
  • 添付ファイルは、メディア側の受信環境を考慮し、配信先メディア専用の「プレスサイト」内に掲載、サイト上で閲覧・ダウンロードできるようにしています。配信するプレスリリースにプレスサイトのリリース掲載ページのURLを自動で記載します。

配信先の選び方

  • 配信先はカテゴリで簡単に選択することができます。プレスリリースの内容に応じて、テーマ&ジャンル100種類の中から5個以内、エリア58種類の中から5個以内で選択すると、そのカテゴリのプレスリリース受信を希望しているメディアへ自動的に配信されます。
  • 選択したカテゴリに含まれるメディアの中で、配信不要なメディアを除外することも可能です。また、その設定を保存しておく「Myカテゴリ」機能もあります。

オリジナルリスト配信

2,000 件 まで配信可能
FAX配信も料金内

  • お客様がお持ちのメディアリスト(オリジナルリスト)にもメール・FAXでプレスリリースを配信できます。FAX配信も料金内。追加料金はいただきません。
  • 会員専用サイトにオリジナルリストを登録し、プレスリリース配信時にそのリストを選択するだけで、PRワイヤーの登録メディアへの配信と同時に送ることができます。
  • オリジナルリストはCSVファイルで一括登録することができます。また、1件づつ登録することも可能です。登録したオリジナルリストはCSVでダウンロードすることもできます。管理はとても簡単です。
  • オリジナルリストにPRワイヤーの登録メディアと重複するメールアドレス・FAX番号があった場合は、1通として配信する仕組みになっていますので、誤って複数通が配信されることはありません。

即時・日時指定配信

24時間・365日
緊急時もすぐに配信可能

  • 国内メディアへのプレスリリース配信は、会員専用サイトでプレスリリースを入稿すると、24時間・365日、いつでも配信できます。(システムメンテナンス時を除く。海外配信は3~6営業日かかります。)
  • プレスリリース入稿後、即時または日時を指定して配信できます。
  • 日時指定は1分ごとに設定が可能です。
  • メディア配信の日時と、一般公開日時を分けて設定することもできます。

提携サイト転載

提携サイト転載

66サイトと提携
52サイトは全リリースを掲載

  • PRワイヤーが提携しているWEBサイトに、お客様のプレスリリースを原文のまま転載します。
  • 他の類似サービスではジャンルを限定して掲載される場合が多いのですが、PRワイヤーの提携サイトでは、7割以上のサイトで全てのプレスリリースが掲載されます。
  • 共同通信加盟社(地方紙)をはじめとするニュースサイトや、ポータルサイトのニュースコーナー、そのほか、有力な情報サイトを中心に随時提携先WEBサイトを追加しています。
  • 提携サイトには、プレスリリースがそのまま転載されるサイト、一部編集して掲載されるサイト、データベースサービス内で検索対象としてプレスリリース情報が利用されるサイトがあります。
  • オープンサイトの掲載と同時にデータを配信し、各提携サイト側のタイミングで掲載されます。およそ30分~3時間程度で掲載されますが、一部のサイトでは1日程度時間がかかる場合があります。また、画像・動画・リンク等の有無は、各提携サイトの運営方針により異なりますのであらかじめご了承ください。

PRワイヤーサイト掲載

プレスサイト掲載

配信先メディア専用の
プレスサイトに掲載

  • 配信先メディア専用の「プレスサイト」にプレスリリースを掲載します。
  • 「プレスサイト」は、配信先メディアだけが閲覧できるサイトです。
  • プレスサイトには添付資料として、画像(20点まで)、YouTube動画(5点まで)、添付ファイル(20点まで)が掲載できます。
  • メディアに配信するリリース原稿と、一般公開するリリース原稿は入力フォームが分かれているので、発信元の企業・団体は、それぞれ内容や表現を書き分けることができます。(例:一般公開する原稿は商品情報のみ、メディア配信する原稿には商品情報の他にプレスイベントの情報を追加。)

オープンサイト掲載

一般公開サイトに
プレスリリースを掲載

  • PRワイヤーの一般公開サイト「オープンサイト」にプレスリリースを掲載します。
  • 「オープンサイト」は、一般の方がご覧になるプレスリリース掲載サイトです。
  • オープンサイトには添付資料として、画像(20点まで)、YouTube動画(5点まで)、添付ファイル(20点まで)が掲載できます。
  • メディアに配信するリリース原稿と、一般公開するリリース原稿は入力フォームが分かれているので、発信元の企業・団体は、それぞれ内容や表現を書き分けることができます。(例:一般公開する原稿は商品情報のみ、メディア配信する原稿には商品情報の他にプレスイベントの情報を追加。)

配信原稿の書き分け

ターゲットによって
最適なリリースを配信・掲載

  • メディアに配信するリリース原稿と、一般公開するリリース原稿は入力フォームが分かれているので、それぞれ書き分けることが可能です。ターゲットよって適切な内容や表現で配信・掲載できます。(例:一般公開する原稿は商品情報のみ、メディア配信する原稿には商品情報の他にプレスイベントの情報を追加。)
  • 画像・YouTube動画・添付ファイルもメディア向けと一般公開用でそれぞれ登録できます。

掲載リリース修正・削除

いざという時の
リリース修正・削除も無料

  • 正確な情報を配信するために、配信前に原稿を十分チェックされていると思いますが、万が一、配信したプレスリリースに誤りがあったり変更があった場合、WEBサイトに掲載しているプレスリリースについては無料で修正・削除することができます。
  • 提携サイトについても原則修正・削除が自動反映されます。(一部サイトでは反映に時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。)
  • すでにメディアに配信したメール・FAXについては回収が困難であるため、「訂正配信(有料)」機能を装備しています。訂正配信する場合は、もう一度プレスリリースを配信するため、1回分の配信料金が新たにかかります。

画像掲載

高画質な画像でも
20点まで多数を掲載可能

  • PRワイヤーの「オープンサイト」「プレスサイト」のリリースページに、それぞれ20点まで画像を掲載できます。
  • 掲載できる画像は4,000×4,000px以内、4MB以内のJPG・PNG・GIFファイルがアップロードできます。
  • 画像は3種類のサイズ(縮小・標準・オリジナル)に自動でリサイズし、メディアにとって使いやすいサイズで掲載します。
  • アップロードした画像は、本文中に表示することもできます。

YouTube動画掲載

YouTube動画も
5点まで埋め込み表示可能

  • PRワイヤーの「オープンサイト」「プレスサイト」のリリースページに、あらかじめ公開しているYouTube動画をそれぞれ5点まで掲載できます。
  • 登録したYouTubeは、本文中に埋め込み表示することもできます。

添付ファイル掲載

100MBまでのファイルを
20点まで添付可能

  • PRワイヤーの「オープンサイト」「プレスサイト」のリリースページに添付ファイルをそれぞれ20点まで掲載できます。
  • 100MB以内のファイルであれば、特にファイル形式を問わず公開する事が可能です。
  • アップロード時にウイルスチェックが自動で行われるので、安心して公開できます。
  • YouTubeで公開していない動画素材を添付したり、プレスイベントの出欠票を添付するなど、幅広く活用いただけます。

メディア問い合わせフォーム設置

メディアからの問い合わせを
メールフォームで受付

  • PRワイヤーの「プレスサイト」に、配信リリースに関するメディアからの問い合わせを受け付けるためのメールフォームが設置できます。
  • プレスリリース入稿時に問い合わせを受け付けるメールアドレスを入力するだけで、プレスリリースごとにフォームが自動設置されます。
  • メディアがフォームから問い合わせを送信すると、指定したメールアドレス宛てに問い合わせメールが自動送信されます。

ソーシャルメディア配信

PRWソーシャルアカウント配信

PRワイヤーのSNSページに
リリース情報を自動投稿

  • PRワイヤーが運営するFacebookページとTwitterにプレスリリースのタイトルとURLを自動配信します。
  • 「オープンサイト」上に、SNSのシェアボタンを複数設置していますので、気になったプレスリリースをすぐにシェアすることができます。

レポート

配信レポート

プレスリリース配信レポートは
閲覧・印刷が可能

  • プレスリリース配信後、会員専用サイトで配信レポートを確認できます。
  • 配信レポートには、配信したプレスリリースのタイトル、配信日時、配信カテゴリ、ご利用料金等、配信に関する詳細情報が記載されています。
  • 会員専用サイトで配信レポートの印刷が可能です。

提携サイト掲載速報

提携サイトの掲載結果を
配信3時間後にメールで通知

  • 提携サイトに転載されたプレスリリースのURLを、配信3時間後にメールでお知らせします。
  • 通知メールの送信先には会員専用サイトのユーザーの他に10名まで登録できます。(会員専用サイトのユーザー追加は無料です。複数名ご登録いただけます。)
  • メールでご報告した結果は、会員専用サイト内でもご確認いただけます。(ニュースサイト・クリッピングレポート内に表示されます。)

ニュースサイト・クリッピング

約2,000のニュースサイトの
記事掲載結果と広告換算値を
無料でレポート

  • プレスリリース入稿時にお客様に設定していただいたキーワードで、約2,000のニュースサイトをクリッピングし、記事掲載結果を会員専用サイト内でレポートします。
  • 記事掲載結果とあわせて広告換算値(弊社独自の換算値)をレポートいたします。
  • レポート期間はお客様が設定した期間から2週間となります。調査開始日を設定できるので、配信後しばらくしてから記事化されるようなプレスリリースでもクリッピングが可能です。
  • 配信24時間後、72時間後の2回、メールでもクリッピング結果をお知らせいたします。
  • 会員専用サイトでクリッピングレポートのPDF・Excel出力が可能です。

アクセスレポート

PRワイヤーサイトの
アクセス解析レポート

  • 配信後、会員専用サイトで「オープンサイト」に掲載したお客様のプレスリリースのアクセス解析レポートをご確認いただけます。
  • ページビュー(PV)数とユニークユーザ(UU)数をグラフと表でレポートします。
  • アクセス解析レポートは印刷およびCSVデータのエクスポートが可能です。

その他の機能・サービス

各種セミナー

メディア登壇のセミナーや
各種セミナーに無料でご招待

  • 共同通信PRワイヤーで随時開催している広報セミナーに無料でご参加いただけます。
  • プレスリリースの書き方・効果的な配信方法を分かりやすく解説する「プレスリリースセミナー」や、共同通信グループのネットワークを活かし、メディアのキーマンに登壇いただく「メディアセミナー」、そのほか広報テーマに応じて開催する各種セミナーにも無料でご参加いただけます。
  • セミナーの開催情報は随時、会員の皆様にお知らせいたします。なお、メディアセミナー等の満席になりやすいセミナーについては、「レギュラープラン」会員の皆様を優先的にご案内しております。ご了承ください。

有料オプション

新聞クリッピング・
広告換算
35,000円/回

新聞記事のクリッピングも
ワンストップで利用可能

サービス協力:株式会社内外切抜通信社

  • 新聞に掲載された記事を、プレスリリースごとに2週間クリッピングし、記事の切り抜きを週2回お届けします。調査終了時には掲載記事の広告換算も報告いたします。
  • クリッピングは、全国紙の東京版(18紙)、全国紙の地方本社版(26紙)、地方紙(81紙)、全国紙の地方版(290版)、スポーツ紙(33紙)、業界紙(350紙)を対象としています。
  • プレスリリースのタイトルに含まれる言葉・内容をキーワードとしてクリッピングします。
  • 「新聞クリッピング」は、掲載された記事現物をA4サイズの専用台紙に貼付し、週に2回(火曜日・金曜日)、内外切抜通信社より、郵送にて納品します。掲載がない場合の途中報告はありません。(※地方紙は納品まで2週間ほどかかる場合があります。)
  • 「広告換算」結果は、週2回(火曜・金曜)、Excelファイルのメール添付で納品します。火曜日・金曜日が休・祝日の場合は前日納品となります。
  • 新聞クリッピング・広告換算は、メディアでの掲載量やクリッピング結果のご報告量に関わらず一律の固定料金です。(広告換算は、50記事が上限になります)。毎月の配信料金と合わせてのご請求となります。