海外配信サービス ご利用の流れ

ご利用の流れ

共同通信PRワイヤーのご利用には、事前に会員登録が必要です。
海外配信をご利用の場合も同様です。会員登録の流れは「会員登録の流れ」をご確認ください。

海外配信の流れ

海外メディアへのプレスリリース配信をご希望の際は、事前に弊社営業部までご相談ください。海外配信は、各国通信社との調整および原稿の校正・校閲に、最短でも2~3営業日を必要とします。

事前のご相談

海外配信をご希望の際は、事前に弊社営業部までご連絡ください。

各国通信社との調整および海外配信原稿の校正・校閲に、最短でも2~3営業日を必要としますので、事前のご相談をお願いいたします。

各国の休日によっては、ご希望日に配信できない場合もあります。また、配信国の文化、宗教、社会情勢、その他の理由により、内容によっては配信できないこともあります。

お問い合わせいただいた際には、以下を確認させていただきます。

●配信先国
●配信希望日時

(海外通信社との調整の都合上、日本のビジネスアワー内でご指定ください。)
●プレスリリースの内容
●プレスリリース原稿のボリューム(ページ数等)
●プレスリリース英訳の要否(有料オプション)
●ご用意があればプレスリリースの原稿

英文リリース原稿のご提出

プレスリリースの英文原稿を弊社にお送りください。
(送り先等は別途お知らせいたします。)

英文原稿のご用意がない場合は、和文リリース英訳のオプションサービス(有料)があります。

その他、添付資料(画像・YouTube動画URL等)がある場合は、原稿と併せてお送りください。

リリース原稿の校正・校閲

ご提出いただいた原稿を弊社にて校正・校閲します。

海外配信標準のフォーマットにあわせて原稿を修整いたします。

校閲完了後、原稿をお客様にご確認いただきます。
通常このやり取りに2~3営業日かかります。

配信依頼

確定した原稿で、弊社より「AsiaNet」を経由して配信を依頼します。

現地語翻訳

英語以外が公用語の地域では、各国の通信社が現地語に翻訳し、現地のメディアに配信します。

業務完了報告書・
クリッピングレポートの送付

配信完了後、「業務完了報告書」とプレスリリースが転載されたWEBサイトの「クリッピングレポート」をお送りします。