お知らせ

2019/06/03

海外配信サービスの内容および料金改定について~主な対象はアジア・太平洋エリアの配信先回線~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎海外配信サービスの内容および料金改定について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社共同通信PRワイヤーは、2019年6月3日(月)から、海外配信サービスの内容を見直し、あわせて配信料金も改定いたしました。

このたびの改定は、弊社の提携先であり、アジア・太平洋エリアを統括する各国通信社の連合体「AsiaNet(アジアネット)」の要請を受けて実施するもので、主な改定対象もアジア・太平洋エリアの各国回線および当該回線を含むパッケージ回線となります。
改定の背景としては、世界的なメディアのデジタル化が急速に進むなか、当該エリアの配信先メディアのプレスリリース受信状況も変化しつつあることが挙げられます。

改定の結果、従来ご利用いただいておりました回線の統廃合や料金および配信先に変更が生じますが、これまで以上に適切な配信サービスをご提供できるものと確信いたしております。
何卒ご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

海外配信料金は、以下のURLよりご覧ください。

なお、改定前の海外配信料金表にて、2019年6月3日(月)以降の海外配信に関する見積書を既に提出させていただいている場合には、同見積書記載の料金にて配信を承ります。

注)「スポットプラン」および「商工・中機プラン」にてご利用の際は、上記配信料金にオペレーションフィーとして40,000円(税別)が加算されます。

ご不明点などがございましたら、弊社営業部までお問い合わせ下さい。

弊社では今後とも、皆様のビジネスのお役に立てるよう、サービスの充実に努めてまいります。
これからもご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。